【スライド付き】DApps Meetup Tokyo #1 を開催しました

こんにちは。GameWith人事部の牧野です。

平成最後の13日の金曜日にDApps Meetup Tokyo #1を開催しました。今回は当日の様子をレポートいたします。

DApps Meetup Tokyo #1で実現したかったこと

thumb2
DApps Meetup TokyoはGameWithが主催し、Omise Goが運営するコワーキングスペース”Neutrino”で開催しました。

GameWithではブロックチェーンがゲームに与える影響について関心を持ち、R&Dを進めています。その過程でブロックチェーンを活用したアプリケーション、DApps(Decentralized Applications)の開発者が国内にも徐々に増加していると感じています。

しかしDAppsの開発に関心があっても身近に相談できる人がいない、エンジニア同士が技術的な交流をする場が多くはないという問題がありました。

そこでGameWithは自社のR&Dだけでなく、日本国内にDAppsエンジニアを増やしたいという思いを込めていくつかのイベントを開催してきました。

5月にはLoom Networkと共に「ブロックチェーンゲームハッカソン」、6月からは「CryptoZombiesもくもく会」を開催しました。もくもく会は毎回定員を超える人数の申し込みをいただき、DAppsに関心のあるエンジニアが増えていることを実感しています。

今回のDApps Meetup TokyoはDApps開発に関心のあるエンジニア同士が技術交流を行うことで、DAppsの開発時間を増やしてほしいという思いで企画しました。

それでは当日の登壇の様子です。

「dApps開発者分散化計画」オオキマキ

ookimaki
トップバッターはDigital Art ChainなどのDAppsを開発するオオキマキさんです。オオキさんの登壇ではこれまでリリースしたDAppsの紹介から始まりました。DAppsの開発では「スマートコントラクトはとにかくシンプルにすること」「動いたらとにかくすぐリリースすること」「無駄+DApps=ムダップスをどんどん作ってみよう」という考えを持っていることも発表していただきました。

「Wallet for Mobile Application」ゆずしお

yuzushioh
Ethereumのモバイルウォレット「Wei Wallet」など、ブロックチェーン関連プロジェクトに数多く参画しているD Technologiesのゆずしおさん。今回の登壇では彼が作った「Ethereum Kit」と「Wei Wallet」について紹介いただきました。DAppsの利用に不可欠なウォレット、しかもモバイルで使えるものを生成できるEthereum KitはGitHubでのスター数が260を超えています。

「次世代ブロックチェーンプラットフォーム上のDAppsについて」Mami Mordovets from Loom Network

Mami
3人目はGameWith MagazineでもおなじみのLoom NetworkからMami Mordovetsさんです。登壇ではLoom Networkが現在開発を進めている「Loom Plasma」や「Zombie Battleground」について発表していただきました。特にZombie Battlegroundについてはゲームディレクター自らビデオレターで開発背景やこだわっている部分について説明してくれました。

「DAppのデプロイ戦略」篠原航 from DMMスマートコントラクト開発部

shinohara
最後は「ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書」の共同著者、DMMスマートコントラクト開発部篠原航さんです。篠原さんからはスマートコントラクトをデプロイするときのアイデアについてお話いただきました。スマートコントラクトはデプロイすると更新ができません。しかし、デプロイした後でも一部の更新を可能にしているZeppelinやAragonのOSについて紹介いただきました。またサイドチェーンを用いてスマートコントラクトを更新可能にする方法論も紹介いただきました。

開催を終えて

4名の登壇が終わった後は参加者、登壇者交えて交流会を開催しました。普段DAppsの会話する友人や知人が少ない方にとっては良い交流の場になったのではないでしょうか。(もっと違う形で交流したいという方がいればぜひ問い合わせ願います!)

【告知】DApps SNS Meetupを開催します!


Meetupのはじめに告知をさせていただきましたが、Loom NetworkとGameWithが共催するDApps SNS Hackathonを開催いたします。前回開催した「ブロックチェーンゲームハッカソン」の第二弾で、今回もLoom Network SDKを用いて1日ハッカソンを開催します。ブロックチェーンを利用したSNSではSteemitが有名ですが、ハッカソンではどんなアイデアが出るのでしょうか。運営も非常に楽しみにしています!

イベント詳細はこちらから

今回はチームごとに参加申し込みをしていただく形としています。ハッカソンについてご質問などあれば気軽に@takushamblesまでお問い合わせください。

それではみなさんハッカソンでお会いしましょう!

牧野拓也
人事部所属、GameWith Magazine編集長。1989年生まれ、愛知県出身。2018年3月より現職。
GameWithで一緒に働きませんか?
「ゲームをより楽しめる世界を創る」ために
あなたもGameWithのメンバーになりませんか?
GameWith Magazineの
SNSと繋がろう!

RELATED POST

KEYWORDS
注目のキーワード

  • DApps
  • DAppsゲーム
  • Ethereum
  • GameWithからのお知らせ
  • GameWithメンバー
  • Loom Network
  • Meetup
  • Web3.0
  • インタビュー
  • エンジニア
  • エンジニアのキャリア
  • ゲーム開発
  • スライドまとめ
  • ピアボーナス
  • プログラミング
  • ブロックチェーン
  • ブロックチェーンゲーム
  • レポート
  • 動画まとめ